日本の深刻な社会問題であり、さらにいろいろな問題を引き起こしている少子高齢化

現代社会で問題視されているうちの1つは、高齢者ドライバーによる交通事故です。

歳をとると、誰しも自然と身体がおとろえるもの。目が見えづらくなったり、認知能力が低下したりと、車の運転に支障をきたしてしまいます。

佐賀県警察が高齢ドライバーについて注意喚起

2022年8月9日佐賀県警察本部のTwitterアカウントは高齢ドライバーにまつわるエピソードを投稿。

同県の神埼地区を管轄する、神埼警察署の警察官が目にした実際の光景に、多くの人が驚く声を上げました。

なんと高齢ドライバーは、タイヤパンクした状態の車を運転していたというのです。

写真には、盛大にパンクし、ホイールから外れかかっているタイヤが写っています。

パンクに気付かなかったという、高齢ドライバー。もし警察官がパンクに気付かなければ、このドライバーが事故を起こしていた可能性は高いといえるでしょう。

こんなにもパンクをした状態であれば、大半のドライバーは運転中に異変に気付くはず。それでも気付くことができなかったのは、認知能力の低下が影響しているのかもしれません。

事故を未然に防ぐために、佐賀県警察本部は今回のケースを紹介した上で「身体に異変を感じたら、免許の返納を検討してみてください」と呼びかけました。

ネットの声】

・こ、怖すぎる…。ここまでパンクしても気付かないだなんて…。

・信じられない。この状態で「気付かなかった」は、運転をしちゃいけないでしょ…。

・『パンク』という域を超えてる…。これで、まともに運転ができるの!?

投稿にもあるように、車は便利な利器であると同時に、人の命を奪う凶器にもなり得ます。

しかし、交通手段が限られる地域では、車が生活必需品であることも事実。高齢ドライバーによる事故を減らすには、個人の意識だけでなく、社会の協力も必要といえるでしょう。

少子高齢化が進む日本社会で、どのようにして高齢ドライバー問題を解決するべきかが、社会全体に問われています。


[文・構成/grape編集部]

出典
@goroukun_spp
※写真はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)

が増えてきた。これを受けて、「年をとった、年寄り、高齢の」といった年齢を強調した表現を避け、「より経験豊かな、先任の」といった価値中立な表現を工夫して用いるような傾向が出てきている。たとえばoldではなく、senior (シニア)、elderly、aged、後期高齢者医療制度の名称や高齢ドライバー標識の意匠変更など。
24キロバイト (2,805 語) - 2022年8月10日 (水) 04:27


★唯一無二
タイヤがパンクしてるのも気付かない物なんですかね。パンクしてると凄くガタガタしますけどね。
路上でタイヤ交換するのが面倒だから車屋までそのまま行こうと思ったのでは?それをたまたま見つかってしらを切ったのでは?

<このニュースへのネットの反応>

画像見る限りほぼ新品同様なタイヤみたいだけど、縁石にでも引っ掛けるとかしたんだろうか。





この状態で走ってた割に傷や汚れどころかミゾに小石も挟まっていない不自然なタイヤ。


イメージ映像じゃね


パンクして修理場まで走った事あるけど、捻じれてホイールに絡みこむ感じになりますね、ガタガタ揺れて微妙に上下するから普通なら気づきます。