アイドル関連


YouTubeチャンネル(2021年4月1日 - ) 柏木由紀 (yukirin_official) - note 柏木由紀 - 755 柏木由紀 - Vine AKB48_柏木由纪 - 新浪微博(簡体字中国語) 柏木 由紀(AKB48 チームB) - SHOWROOM 柏木由紀 - AKB48 Google+ アーカイブブログ
146キロバイト (17,304 語) - 2022年5月22日 (日) 00:20

1 フォーエバー ★ :2022/05/27(金) 20:39:06.66

 AKB48の柏木由紀が26日、自身のツイッターを更新。制服姿を公開し、ファンからは「かわいい」「違和感ありません」などの反響が集まっている。

【写真】柏木由紀、デビュー当時の制服姿

 柏木は「シンプルに制服着させられた人(30)」と自身の年齢を明かしながら制服姿を公開。髪はナチュラルにおろしており、緑色のリボンに白のベストを着用している。

 柏木の制服姿にファンからは「かわいい」「違和感ありません」「まだまだアイドル」「全然いける」「ゆきりんの制服姿はやっぱり最強」などの反響が集まっている。

2022/05/27 18:00クランクイン!
https://news.nicovideo.jp/watch/nw10975608?news_ref=50_50

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】AKB48・柏木由紀「シンプルに制服着させられた人(30)」 制服姿を公開】の続きを読む


アイドルの種類 日本の男性アイドルグループの一覧 日本の女性アイドルグループの一覧 ソロアイドル グラビアアイドル アイドル声優 ライブアイドル ローカルアイドル アイドルレスラー アキバ系アイドル 癒し系アイドル エンドル バンドル ネットアイドル お菓子系アイドル ジュニアアイドル ナマドル バーチャルアイドル
61キロバイト (8,108 語) - 2022年5月25日 (水) 21:38

1 フォーエバー ★ :2022/05/26(木) 17:43:52.38

 1980年代はアイドル全盛時代として知られ、数多くの女性アイドルたちがデビューした年代。きらびやかな衣装に身を包み、マイクを片手に歌うアイドルたちは、当時の人々を夢中にさせてきました。

【画像:1980年代の女性アイドル10選を見る】

 特にデビューしたアイドルが多い場合には、後に「花の82年組」などの言葉がつけられることも。「親衛隊」が結成されたり、「聖子ちゃんカット」が大ブームになったりと、社会現象になることもあったそうです。松田聖子さんをはじめ、斉藤由貴さん、中森明菜さんなど1980年代にデビューし現在でも活躍している人も少なくありません。

 また、「ザ・ベストテン」「ザ・トップテン」など当時の人気音楽番組で披露された楽曲たちはアイドルの人気も相まって多くの曲が大ヒットを記録。近年では、昭和歌謡ブームやシティポップブームを受け、それらの楽曲が改めて評価されるケースもあるようです。

 多くの人々を魅了していた80年代の女性アイドルたち。あなたの一番好きな「80年代女性アイドル」は誰でしょうか?

5/25(水) 19:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd81c5560d5c7be93997f24a6550319f8edbfd5d

(出典 i.imgur.com)


【【音楽】一番好きな「80年代の女性アイドル」は?】の続きを読む


・シンテイ警備・西田装美・協栄)共同事業体が指定管理者として行っている。日産自動車(横浜F・マリノスの親会社)が命名権(ネーミングライツ)を取得しており、2005年3月1日より「日産スタジアム」(にっさんスタジアム、略称「日産ス」)の呼称を使用している(後述)。
55キロバイト (7,003 語) - 2022年5月15日 (日) 08:41

1 ギズモ ★ :2022/05/16(月) 13:19:24.69


(出典 imgc.eximg.jp)


「Jリーグは我慢なのに…」乃木坂46ライブでの声出しに不満噴出!
https://www.excite.co.jp/news/article/FOOTBALLTRIBE_243187243187/

人気アイドルグループ『乃木坂46』は、今月14日から2日間の日程でデビュー10周年記念ライブ「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」を開催。横浜F・マリノスのホームである日産スタジアムに約7万人のファンが詰めかけるなど盛り上がりを見せたが、Jリーグファンから「声出し」に関して疑問の声が上がっている。

今回のデビュー10周年記念ライブでは、現所属のメンバー44名全員がステージに登場したほか、一部の卒業メンバーも登場。ファンに興奮と熱狂をもたらしていた。また、SNSでは一部のメンバーが音楽にあわせて観客にコールを呼び掛ける時の動画が拡散されている。

乃木坂46の公式サイトでは「有観客公演開催についてのガイドライン」が掲載。これによると、公演会場での注意事項として「政府によるイベントガイドラインの大声の定義とは、『通常よりも大きな声量で、反復・継続的に声を発すること』とあります。歌唱やコールなどは禁止事項に該当致しますが、思わず出てしまう一時的な歓声等は必ずしも禁止事項には当たりません。ライブにおきまして、演出内容によっては思わず歓声が上がってしまう事もあるかと思いますので、マスクの着用は、必ず常時お願い申し上げます」と定められている。

一方、Jリーグでは現在も新型コロナウイルス感染拡大対策として「声出し応援」を禁止されているが、日本国内の一部メディアは声出し応援の再開にむけて6月開催の公式戦で実証実験を行うと報じている。

その中、乃木坂46のデビュー10周年記念ライブで大勢の観客が声出しを行っていたことに対して、Jリーグファンからは「Jリーグは我慢しているのに…」、「乃木坂は声出しOKなの?」、「乃木坂ライブの声出しは問題視されないのか」と不満の声が数多く上がっている。
また、一部の横浜F・マリノスサポーターからは新型コロナウイルス感染拡大以降、日産スタジアムで一番最初に声出しが行われたイベントがJリーグ公式戦でないことに対して、「最初の声出しが乃木坂ファンになったか…」などというコメントが寄せられている。

新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいるものの、プロ野球やJリーグの試合では依然として「声出し応援」が認められていない。スポーツファンが乃木坂46のライブにおける光景を見て、どのような思いを抱いているのか気になるところだ。

関連リンク
【動画】カッキーの煽りと観客のコール
https://xxup.org/hW2xb.mp4


【【社会】「Jリーグは我慢なのに…」乃木坂46「日産スタジアム」7万人ライブでの声出しに不満噴出!】の続きを読む


 「筋肉を卒業します」――“筋肉アイドル”として唯一無二のポジションを築いてきた才木玲佳さんが、筋肉からの卒業を発表しました。

【画像】筋肉卒業後の才木さん

 2014年アイドルグループ「Cheer(ハート)1」に加入、2015年にはプロレスデビューを果たし、武藤敬司さんが率いるプロレス団体「WRESTLE-1」に所属する唯一の女子選手となった才木さん。これまでのアイドル像を覆すようなたくましい筋肉を武器に、アイドルプロレスラー二刀流で“ムキカワ”という新しいジャンルを生み出し、国内外問わず多くのファンを魅了しました。

 その後も、筋肉を中心とした幅広い活動を続けていた才木さん。現在の才木さんを構成した大きな要素の1つである筋肉ですが、2022年3月、「様々なお仕事をさせていただく中で、ありたい自分や、やりたいことも変化していき、次第に筋肉との方向性の違いを感じるようになりました」と別れを決断。3月31日をもって、筋肉から卒業していました。

 そんな才木さんを多く取り上げてきたねとらぼエンタ編集部は、直接お話を聞くことに。過去紹介した記事の写真から5枚を一緒に振り返りながら、筋肉と向き合ってきた6年や「筋肉を辞めないと自分の心が死ぬと思った」という苦悩の日々を明かしてくれました。

●筋肉との出会い

 今でこそたくましい筋肉を手にした才木さんですが、筋肉に目覚める前は、身長150センチほどということもあり、小柄な体形。格闘技大会「Krush」のラウンドガールである新生Krushガールズに選抜され、K-1アマチュア大会に出場したころ、筋肉と出会います。

――20歳のときの写真ということでInstagramに公開されていました。

 そうですね。このころは大学生で、サークルバイト、友達、彼氏という毎日でした。まだ筋肉には目覚めていなくて、ダイエットのためにフィットネスクラブみたいなものに入っていたのかな。今思えば十分細いとは思うんですけど、女の子はね、やっぱり細くなりたくて。

――筋肉に魅力を感じ始めたのいつからですか?

 K-1アマチュア大会(※1)に出てから、周りの人から筋肉を気付いてもらえたのが結構大きかったです。それまでは、ダイエット目的でフィットネスクラブに行っていて、事務所に所属してからはジムにも通い始めたくらいで、まだ筋肉が育つ感じではなかったんです。

 そのK-1アマチュア大会に出場するときの記者会見場で、一緒にラウンドガールをやっていた女の子が「この子筋肉すごいんですよ!」と言ってくれて、力こぶを見せたら記者の人たちがどよめいて(笑)。そこで初めて「これってすごいんだ、驚かれるんだ」という快感を得たのが始まりですかね。

※1 2015年アマチュア格闘技大会「第6回 K-1チャレンジ2015」ゲスト出演。8月開催の「第1回K-1チャレンジ全日本大会」Cクラス女子50キロ以下級でデビューを果たす

――筋肉アイドルとして活動の幅を広げる中で、2019年には俳優としてドラマ初演を果たしました。役作りでの茶髪姿が印象的でした。

 筋肉アイドルとして活動した期間は黒髪のイメージでやっていたので、ガラリとイメチェンしましたよね。本当の俳優デビューは、映画「レクイエム~外道の中の外道~」での新人警部役ですが、これだけがっつりのせりふをいただけたのと、レギュラー出演というのは初でした。

――もともと演技に興味があったのでしょうか?

 お話が来ればやりたいなぁぐらいで、このときはまだその俳優業をやっていきたい気持ちはなかったかも。でも実際に演技をしてみて、すごく楽しいと思いました。

――2020年には特撮ドラマ仮面ライダーセイバー」で演じた戦う妖精さんが話題になりました。オファーを受けたときの気持ちはどうでしたか?

 めっっちゃうれしかったです! 仮面ライダーに出られる!? みたいな(笑)。昔から家族で仮面ライダーにハマって、映画を見に行くこともあったので、その仮面ライダーに自分が出られるなんて夢にも思っていなかったです。

 かなりインパクトのあるキャラクターだったので、今まで私を知っていた人はもちろん、私を知らなかった人もすごくびっくりしてくれたみたいで、フォロワーも増えましたし、これで認知してくれた人も多かったですね。海外の反響もありました。これは本当に筋肉があったからこそ来たオファーだったと思います。

●あご骨折で得た自分史上最高の“カラダ” 「これがあったから筋肉を辞められた」

――2019年にあごを骨折されてから俳優業など多方面に活躍され、2020年11月には「ゴールドジム ジャパンカップ」のウーマンズフィジーク部門準優勝という成績を収めました。

 もともとプロレスをやっていたころは、スタミナ面やダメージの部分で脂肪をがっつり絞ることをは避けてきたんです。でも、あごを骨折してプロレスを休業することになってから、今ならボディービルに挑戦しても支障がないなと思い出場を決めました。いろいろな人からもボディービルにも挑戦してほしいという声をいただいていたということもあります。

――かなり体を絞られたそうですね。

 トレーニング内容はさほど変わらなかったのですが、食事面は大きく変わりました。特に糖質。ジュラシック木澤さんという、ボディービルのレジェンドの方に逐一体重の変化や食事を報告して、じゃあこの日の朝は何グラム摂取しましょう、と都度連絡をとって1食ごとに制限していましたね。主に、ささみ肉や野菜、なるべく無駄なカロリーを摂りたくなかったので、こんにゃくとかゼロカロリーのものも結構食べてました。糖質がないとエネルギーが足りなくて、本当にしんどかったです……。こんなに体を絞ったのは初めてです。

――個人的によく出来たと思う箇所、もう少しだったと思う箇所などはありますか?

 上腕二頭筋はいつもよりキレは増したかな。あと、すごく褒められたのは背中の厚みです。自分で見てもかっこいい背中に仕上がったなと思いました。いろいろな人から、私は体を絞ったら筋肉が残らないんじゃないか、と懸念されていたのですが、実際絞ってみたら上腕二頭筋や背中にしても筋肉は残ったので、良い評価をいただけました。

 イマイチだったのは、腹筋。私、もともと腹筋が苦手で、ちょっと絞りきれなかったんです。あとは脚。本当はもっと筋を出せたらよかったんですけどね……下半身がちょっと絞り甘めに見えちゃったかなというのはあります。

――トレーニングのコツとかってあるんでしょうか?

 体質と筋肉への効かせ方だと思います。短距離走が速い人とかの瞬発系の筋肉「速筋」と、マラソン選手のような持久系の筋肉「遅筋」があって、私は速筋が多いタイプだったので筋肉が大きくなりやすかったのと、筋トレのコツのつかみ方が本能的に分かったというか、うまかったみたいです。

 筋トレにもうまい下手があるんです。大事なのは、適当にやる100回よりも、しっかり効かせる10回なんですよ。うまくいかない人は、フォームややり方などもあると思うんですけど、これができないと結果的に筋肥大しない。うまい人は、しっかり筋肉を収縮させることを考えてできるので、これだけでも肥大の仕方は違ってきます。初心者の人は、最初はトレーナーさんにみっちり見てもらうことも大事だと思います。

――出場されてみて、才木さん自身どんな影響がありましたか?

 最高のカラダ作りができたというのは、自分の筋肉の歴史を振り返ったときに、これがあったから筋肉を辞められたというのはあります。ここまで筋肉を極めた……というと長年続けている方に失礼ですが、自分の中では筋肉をMAXまでできたという経験としてはすごく良かったです。

 あとは、ボディービルの競技を実際にやったからこそ分かることがめちゃくちゃありました。それこそ減量の大変さ。私なんて1年でもうこれ以上やりたくないです、というぐらいなのに、長年続けてらっしゃる方がいるわけじゃないですか。続けている人のすごさをすごく感じました。この2点が大きいですね。

 それまでは、自称筋肉アイドルとして活動していただけなので、ボディービルのような筋肉の世界からしたら私なんてアマチュアですし、大会にも出ず、評価もされず、何筋肉アイドル名乗ってるんだよと思っていた人もいたかもしれない。でも、こうして公に、他の人と同じステージに立って、準優勝とマッスルゲート東京大会ウーマンズフィジークの部で優勝という結果が残せたのは、その世界でも認めてもらえた証しになったのかなと思います。

――素晴らしいカラダですよね、衣装もかっこいい。

 フリーポーズステージメイク、衣装などもこだわりました。私すごくこだわり強いタイプで……(笑)。衣装は、プロレスの衣装も青ということもあり、私が好きな青系がいいかなと思いこれにしました。

 ヘアメイクは、普通であればステージ映えするような濃いメイクをするんですけど、1回そのステージメイクをしてもらったときに、「これって本当に私かな?」と思うくらい別人だったんですよ。出場される人はこのくらいガチガチにメイクして挑まれるんですが、私はナチュラルな自分に近い方がいいかなと思って普段のメイクにつけまつげだけをしたんです。

 あとは、1分間のフリーポーズでは、基本的にゆっくり筋肉を見せたいからゆっくりペースの選曲がされることが多いんですが、あえて「Cheer(ハート)1」の曲で、私のプロレス入場曲でもある「Ready Go!!!!!」というアップテンポな曲を選びました。それって結構異例なことだと思うんです。ダンスの要素も取り入れたので。みんながやっていること、同じことをやりたくないという気持ちと、自分が素人だからこそチャレンジできるところというのも表現したくて、こだわってやりました。

――そんなこだわりがあったとは……幼少期からこだわりが強かったタイプですか?

 小さいころは周りを気にしすぎるくらいでした。人と違うことが怖かったんです。こういう自分らしさ、自分の気持ちを大事にしようっていうのは筋肉と出会ってからだと思います。根本には芸能界っていうのは人と同じじゃ出て行けないので、何か違う武器を見つけなきゃみたいなところから芽生え始めて、私の場合は筋肉と出会えたという感じですかね。

●「筋肉を求められる自分」にのしかかる負荷 苦悩の3年

――そんな筋肉との別れはかなりの覚悟だったと思います。4月には新しいプロフィール写真も公開されましたね。別れを決断した大きな理由はなんだったのでしょうか

 一番大きな理由は、自分の仕事の幅を広げたいからです。あとは、筋肉を求められる自分、周りからのイメージメンタルにしんどくなってしまったんです。もちろん、今の私があるのは筋肉のおかげですし、筋肉のお仕事をやらせていただいて、少しずつ認知してもらったので、卒業することはすごく悩みました。筋肉がなくなったらファンも離れるだろうし、仕事も減ってしまうだろうなと。

 それでも、筋肉以外で呼んでもらえないことが多かったんです。クイズ番組や筋肉なしのレポーターとして呼んでいただける現場もありましたが、どうしても筋肉の仕事に偏ってしまう。SNSでも、本当はこんなこと気にすることないんですけど、筋肉の写真を載せたときと普通に洋服を着ただけの写真、どっちが「いいね」されるかというと、どうしても筋肉なんです。筋肉ありきで見られていると思うと結構悲しく、そういうことの積み重ねでしんどくなってきてしまいました。

――いつごろから卒業を考えていましたか?

 3年ほど前から心の面でもそうですし、筋トレ自体が仕事になってしまった部分もあり、嫌になっていました。辞めようと決めたのは、2021年秋ですね。

 それこそ、ボディービル女子フィジークの大会に出場を決めたときも筋肉モチベーションは本当低かったんです。そんな中で、「いやいや、まだ頑張らなきゃ」と奮い立たせるために、ボディービル大会出場という目標を、無理やり作ったと言ったらあれですが……奮起させるためにも出場はマストでした。

――出場後、いわゆる燃え尽き症候群という状態になったんですかね?

 それもありますかね。やっと解放されたというか、頑張ったからもういいでしょみたいな部分もありました。

 やっぱり、筋肉落とすのもったいないとか寂しいという声はいただきます。だから本当にすごく悩みました。でも、今のままじゃ何も変わらないなと思いましたし、筋肉を辞めないと自分の心が死ぬと思ったので、筋肉卒業を発表できてすごくスッキリしています。早く言いたかったの! 本当に。

――結構気持ち的に追い込まれていたんですね。

 そうですね。もちろん、筋肉があったから好きだったという人が離れちゃうかもしれない。でも、それはしょうがないと思っています。筋肉があったからいただいていた仕事もなくなると思いますが、何かを手放せば何かを得られると考えていますし、自分がした選択をこれから正解にしていけばいいだけなんです。

 筋肉アイドルを始めたときも、女の子がムキムキで気持ち悪いとか、色物扱い、変な目で見られるというマイナスイメージがありました。でも、続けていくうちに、仲間や味方が増えて、最終的には筋肉アイドルという選択を正解にできたと思います。だから同じ作業をするだけですね。筋肉辞めるなんて失敗だよと思う人もいると思いますが、それを自分で変えていけばいいかなって。

 やりたいとおもったらやりたいタイプなので、今筋肉が嫌でやめましたけど、また筋肉やりたくなったら筋肉また入学します! とかあるかもしれないし(笑)。その都度やりたいことをやっていれば、それが自分にとっての正解になると思っています。

――現段階はトレーニングはどうされていますか?

 ジムには全く行っていません。ただ、筋肉卒業を決めたくらいから、徐々に筋肉を落とす方向で考えていたので、ランニングやジョギングなどの有酸素運動はやっています。まだ力こぶは普通の人よりは出ると思いますが、健康的に節度を持ってちょっとずつ落としていこうかなと思います。

――少しずつお別れしていっているのですね。これまでを振り返って、筋肉に別れの言葉を継げるとしたらどんなことを伝えますか?

 筋肉があって今の自分がいるから、その点に関しては感謝してますし、筋肉と出会えて良かったというのが率直な思いです。プロレスしかり、ボディービルしかり、体に無理をさせていた部分も多いと思うので、お疲れさまという気持ちもあります。

 ここで卒業という道を選んでしまったけど、決して筋肉を嫌いになったわけではないですし、新たな道のために……。一番伝えたいのは「ありがとう」と「お疲れさま」ですね。

●筋肉卒業後のビジョン 俳優、クイズ女王、結婚の目標も

――今後の目標を教えてください。

 ドラマや映画、舞台など役者の仕事をやりたいです。いろんな役を演じて、才木玲佳ってこんなこともできるんだ、こんな一面もあるんだという新しい自分を見せていきたいですね。

 クイズの分野でも活躍していきたくて、目標は、クイズ女王になること。何をもってクイズ女王なのかというところはありますが、クイズができるイメージはもちろんのこと、クイズ番組に常連として呼ばれるようになりたいです。

 あとは、結婚したい(笑)。今年も2、3件結婚式の予定があったり、周りでも出産している子が増えてきたりして、人生設計もしていかないととは思いますね。子どもがすごく好きで、35歳までにはと考えています。

――今のところ、結婚のご予定は?

 ほんとないの! びっくりする。今まで、筋肉があるからモテないんだよと言われてきたんですけど、「筋肉辞めましたけどモテませんよ? あれ、モテない理由筋肉じゃなかった?」と思っている段階です(笑)。でも、海外ではすごく人気なんですよ、女性の筋肉って。私生まれる場所間違えたというか、海外行った方が幸せに結婚できると思う。すごく愛情表現するタイプなので、友達からは海外の方が合うよって言われているんです。

――いつまでに結婚したいという目標はありますか?

 20代前半のころは25歳って言ってました。でも25歳になって出来なかったから27歳、27歳になってできなかったから30歳。でも、もう30歳になっちゃうので、32歳! 32歳で本当にしたい。スピード婚も全然いいと思いますし。

――好みのタイプなどは?

 私がすごくわがままで、こうと思ったらこう、やりたいとおもったらやりたいタイプなので、私のわがままに付き合ってくれる大人な感じの人。でも、リードしてほしい部分もあって、こんなことしたいってなったときにじゃあこんなのどう? ってアドバイスしてくれる人。本当に最近の悩みは結婚ですね。



(出典 news.nicovideo.jp)

才木 玲佳(さいき れいか、1992年5月19日 - )は、埼玉県出身の日本の女優、元ボディビルダー、元アイドル、元プロレスラーである。かつてはアイドルグループ『Cheer♡1』、『DEADLIFT LOLITA』の一員で活動していた。芸能事務所WALK所属。開智中学校・高等学校、慶應義塾大学文学部人間科学専攻卒業。
29キロバイト (3,646 語) - 2022年3月27日 (日) 08:06



<このニュースへのネットの反応>

【【筋肉】「筋肉を辞めないと自分の心が死ぬと思った」 才木玲佳を支配した“筋肉”の淡い呪い 】の続きを読む


大谷 雅恵(おおたに まさえ、1982年2月25日 - )は、日本の歌手、女優。女性アイドルグループ「メロン記念日」の元メンバー。宮崎県生まれの北海道室蘭市育ち。血液型はO型。愛称はマサオ、まぁしぃ等。 メロン記念日では「ボーイッシュ担当」であるが、メンバー中最も女の子らしい性格だと言われる。 着うたサイト『mero
11キロバイト (1,390 語) - 2022年4月22日 (金) 05:26

1 名無し募集中。。。 :2022/04/23(土) 11:07:38.09

kdb***** | 2時間前
この年齢で生活保護受けてるなら、まず、真面目に働いて欲しいわ。
ちゃんと生活できるように頑張ってる人に支援するならいいけど、
いつまでも夢を追いかけて現実を見ない人に無駄な税金を投入して欲しくない。

oqr***** | 3時間前
ライブ配信で生計を立てていたようですが、収入が落ちてからはバイトで働くという選択肢はなかったのかな。収入の1/3までしか借金できない総量規制は機能していたのだろうか。

もうまったなしくん
400,500万でレベルで自己破産するって事業する上で甘いよ
なにより取引業者とかは大丈夫かな
自分だけが助かればいいじゃないんだよね
銀行、業者すべてに迷惑かけるわけだし
最近、ゲーム感覚で簡単に起業してだめならやめようって人が多い
信用とか信頼などの価値観をどう考えているのかなと不思議に思う

tok***** | 3時間前
知識や経験が足りなすぎるんじゃないか?
500万程で自己破産とか…
リスクと言うか…ちょっと軽率過ぎると思う。
500万ぐらいなら
普通の企業に勤めたりバイトだけでも返済していける額。(もちろん頑張ればね。)
500万程で自己破産するには、自己破産後の制約が重過ぎる。

msr*****
生活苦しくてって言いながら、髪染めたりマツエクしたりカラコンつけたりしてるの見ると本当に生活苦しい?って思っちゃう。
自己破産するまで生活厳しい人って美容にかけるお金も無いはずだよね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2931cb1c68062b69f8c6226751b1dec08cf25cd8/


【【アイドル】生活保護受給の大谷雅恵に批判殺到「税金の無駄」「何故まじめに働かない」「金ないなら髪染めるな」】の続きを読む

このページのトップヘ