ドラマ


逃げるは恥だが役に立つ』(にげるははじだがやくにたつ、ハンガリー語: Szégyen a futás, de hasznos.)、海野つなみによる日本の漫画作品。 『Kiss』(講談社)て2012年22号より連載を開始 し、2017年2月号まで連載された。その後、人気
108キロバイト (15,197 語) - 2022年4月26日 (火) 15:02
★唯一無二
ホンモノの夫婦になっちゃいましたからね。
結婚発表の時もしょうがないよねと思いました。
最近のガッキーが出ているスイッチのCMで「よっしゃ~」がかわいい。

1 muffin ★ :2022/06/16(木) 20:20:10.56
https://www.jprime.jp/articles/-/24186
2022/6/16

がっかりキャスティングは数あれど、神キャスティングはあまり聞かない!? そこで、多くのドラマを見続けてきた30代以上の女性に緊急アンケート。「原作を超えたと思うドラマはなんですか?」

1位『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系/'16年)
 新垣結衣、星野源など 264票

2位『孤独のグルメ』(テレビ東京系/'12年~)
 松重豊など 197票

3位『のだめカンタービレ』(フジテレビ系/'06年)
 上野樹里、玉木宏など 181票

4位『金田一少年の事件簿』(初代)(日本テレビ系/'95年)
 堂本剛、ともさかりえなど 172票

5位『義母と娘のブルース』(TBS系/'18年)
 綾瀬はるか、竹野内豊など 166票

実写化が成功する法則はあるのだろうか。前出のドラマウォッチャーは、

「成功がキャスティングにかかっているのは当然ですが、強烈に原作を超えるキャストがいるかどうかが肝だと思います。例えば、2位の『孤独のグルメ』の松重さんは原作の五郎さんとは異なるキャラといえます。それでも、漫画のメッセージである“ただ、飯を食らう”という点を強調する意味で忠実に五郎さんを演じた。だからこそ、原作者も納得したのでしょう。

1位の『逃げ恥』の主人公・みくりは特別かわいいという設定ではないのですが、新垣結衣さんの圧倒的なかわいさに視聴者は惹きつけられた。これは実写化ならではの魅力でしょう。

必ずしも原作と同じキャラである必要はないんです。原作の人物よりも魅力的に演じるキャストがいればそれはもうドラマの勝ちだと思いますね。

全文はソースをご覧ください

【【漫画】原作を超えたと思う好きなドラマ 『孤独のグルメ』『金田一』を抑え1位に輝いた“ホンモノ夫婦”】の続きを読む


河相 我聞(かあい がもん、1975年(昭和50年)5月24日 - )は、日本の俳優、ナレーター、タレント、司会者、ミュージシャン。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身(実際は蕨市に生まれてすぐ大宮市に転居している)。 株式会社ウィーズカンパニー所属。 「かわい」と発音される場合が多いが「かあい」が
35キロバイト (4,700 語) - 2022年5月28日 (土) 08:06

1 フォーエバー ★ :2022/05/31(火) 19:56:46.48

◆衝撃的な伝説のドラマ『未成年』で役者として成長

長男が誕生した翌年、1995年には野島伸司さんが脚本を手がけ、いじめ、暴力、未成年の犯罪など、若者たちの苦悩と葛藤を生々しく描き、過激で衝撃的な内容が話題を集めたドラマ『未成年』に出演。

いしだ壱成さん、香取慎吾さん、反町隆史さん、浜崎あゆみさん、谷原章介さんなど豪華なキャストも話題に。河相さんは、有名進学校に通う成績優秀な優等生・神谷勤役。母親からの過剰な期待と溺愛に押しつぶされそうになっている。そんなときに瞳(浜崎あゆみ)と出会い好きになるが、彼女が妊娠していることを聞いて苦悩することに。

-『未成年』はとくにすごかったですね。河相さんは東大間違いなしの優秀な生徒だったのが、途中で壊れて猟銃を撃って…どうなるんだろうってハラハラしました-

「あのドラマは脚本がすばらしいですよね。脚本と演出がすばらしかったので、演出家と脚本家に助けられました」

-『未成年』に出演することになったのは?-

「あれはオーディションではなくて指名だというふうに聞いています」

-すごいキャスティングでしたね-

「本当にすごかったです。みんなすごい人たちが出ていて、錚々(そうそう)たる顔ぶれでした。なかでも壱成くんは衝撃的でした。

お芝居をしているという感じではなく、心が動いていて、それが伝わるんです。オーラもすごかったし、資質から違っていました。初めて彼の演技を見たとき、僕はもう辞めようと思いましたもん」

-河相さんの役は東大合格間違いなしの優秀な生徒ですが、家庭教師の子どもを妊娠した女生徒を好きになって、みんなで立てこもっている最中に精神的に追い詰められて猟銃で反町隆史さんを撃ってしまうという衝撃的な展開でした-

「そうですよね。最初はもっと衝撃的な結末になる予定だったみたいなんですけど、当時オウム(真理教)の事件があったので、立てこもりとかをあまりセンセーショナルに描くのは難しいということで、結末が少し変わったと聞きました」

-それでも充分衝撃的でした。最初からある程度の展開は聞いていたのですか-

「全然聞いてなかったです。だから毎回毎回台本を読んで、『おーっ、こうなるんだ』っていう感じでした。

でも、あのときは同世代の役者が多かったので、仲間とワチャワチャやっていたという感じで、楽しんでやっていた感じがあります。

今じゃちょっと考えられないんですけど、当時は、テレビドラマにはリハーサル日というのがあったんですよ。リハーサルでちゃんと指導してもらえるんですよね。

監督がちゃんとつきっきりで、何回も何回も『違う』って言って指導してくれたんです。そういうのがあって撮影に挑んでいたので、自分で一から組み立てるということをしなくても、素直に従って演じていれば、ちゃんとしたところにいけるという感じだったんですよね」

-『未成年』で印象に残っていることは?-

「『未成年』は、僕にとっても青春だったし、大事な作品なのでいろいろありますけど、家庭教師の子どもを妊娠した瞳の子どもの父親になるというシーンのときに、『お前には子どもがいる人の気持ちなんかわからないだろう』って言われたんですよ。

でも、そのときにはもう長男が生まれていましたからね。『子どもがいるんだけどなあ』って思っていました(笑)」

2022年5月31日 19時0分 テレ朝POST
https://news.livedoor.com/article/detail/22259605/

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】河相我聞、伝説のドラマ『未成年』での衝撃。いしだ壱成の演技をみて「資質から違う。僕はもう辞めようと」】の続きを読む


恋なんて、本気でやってどうするの?』(こいなんて、ほんきでやってどうするの?)は、カンテレ制作・フジテレビ系列の「月曜夜10時枠の連続ドラマ」枠で2022年4月18日から放送のテレビドラマ。主演は本作がプライム帯の連続ドラマ初主演となる広瀬アリス。 略称はマジ。
15キロバイト (1,304 語) - 2022年5月17日 (火) 02:06

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/21(土) 11:03:52.68

2022.05.21 10:31

5月16日、広瀬アリス主演のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)第5話が放送された。作中で*を連呼して、呆れ声が飛び交っている。

主人公の桜沢純(広瀬)は、食器ブランドの洋食器デザイナー。

展示会の仕事を任されるなど上司からの信頼も厚いが、アラサーでありながら恋愛経験ゼロだった。そんな彼女が、女性客をトリコにする長峰柊磨(松村北斗)に出会うストーリーだ。

第5話では、ついに柊磨と関係を持った純が、やりまくっていると冒頭で明かされる。性欲が止まらなくなった純は、「私、色魔ってやつなのかもしれない」と自分自身を心配し、ネイルサロンのオーナー・中川(香椎由宇)は「(色魔とは)あのことしか頭にない人間のことだな」と解説。「どんなカップルでもごく初期にやりまくり期ってのがあるから」となだめていた。



「リビングに家族大集合、終わった」

一方で、純の高校時代からの親友で、アパレル店員の真山アリサ(飯豊まりえ)も性欲爆発。行きつけのコンビニ店員だった克巳(岡山天音)と交際に発展すると、さっそくキスをして押し倒す。そしてさらに進めようとすると、克巳は「僕はものすごく*がうまいので、僕と1度でもすると、女の人はやみつきになって仕事や日常に支障を来すので、だからだめです」「*の怖さを知らないんですね。*は終わりの始まりです」と冷静な口調で諭すのだった。

ストレートな表現で若者の異常な性欲を描く同作に、ネット上では

《恋マジ、急に**言い始めてなんか萎えてきた》
《恋マジ序盤から*》
《恋マジ付けたとたん「*は終わりの始まり」とか言い始めて凍った。泣くぞゴルァ》
《今日の恋マジって*って言うんですよね、リビングに家族大集合、終わった》
《恋マジ家族で見るの気まずすぎてワロタwwww 学生スト担生きてる?》
《何この下品なドラマ気色悪い、女優が可哀想》
といった批判的な声が多く上がっている。

同枠では前クールに、浜辺美波主演の癒し系医療系ドラマ『ドクターホワイト』が放送されていた。同じテンションで家族で見ると、事故ること間違いなしだろう。

https://myjitsu.jp/archives/352871


【【ドラマ】お茶の間凍る…広瀬アリス『恋なんて』に怒り「家族で見て気まずい」】の続きを読む


白い巨塔』(しろいきょとう)は、山崎豊子の長編小説。浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な人物を通し、医局制度の問題点や医学界の腐敗を鋭く追及した社会派小説である。山崎豊子作品の中でも特に傑作と名高く、1966年の映画化以来、何度も映像化された。映像化作品などについては、映像化作品セク
32キロバイト (5,313 語) - 2021年12月31日 (金) 23:27

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/16(月) 14:42:52.26

5/16(月) 14:34
スポニチアネックス

及川光博 ドラマ「白い巨塔」の過酷な撮影現場 終盤はろれつ回らず「唐沢寿明にツッコまれました」

 俳優の及川光博(52)が16日、フジテレビ系「ポップUP!」(月~金曜前11・45)にVTR出演。過去に出演した同局ドラマ「白い巨塔」の撮影現場を振り返った。

 2004年に「白い巨塔」では、主演・唐沢寿明の弁護士約として出演していた及川は「ものすごくヒットした。視聴率もすごかった」と回顧。その上で「ただ現場は過酷で思い出深いですね。普通に午前中、お昼近いかな?そのくらいから撮影をはじめて、終わったのが次の日の朝5時」と当時の過酷さを口にした。

 また、「もう最後、真夜中はろれつが回らないというか、口がついてこなくて。“異議あり!裁判長!”って言うシーンで、“さいばんぴょう”って言って、唐沢寿明にツッコまれました」。それでも、最後は「でも、努力は報われましたね。トロフィーみたいな作品ですね。出演できてよかった」と笑顔で振り返っていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/46a8f22a9d1bd4c13571cf5606d1c95bf53e2c26


【【芸能】及川光博 ドラマ「白い巨塔」の過酷な撮影現場 終盤はろれつ回らず「唐沢寿明にツッコまれました」】の続きを読む


木村 拓哉(きむら たくや、1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の歌手、俳優。男性アイドルグループSMAPの元メンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。キムタクの愛称で知られる。 本人の知らないうちに親戚が履歴書を送り、1987年11月、ジャニーズ事務所に入所し、光GENJIのバックについていたジャニーズJr
83キロバイト (10,872 語) - 2022年4月14日 (木) 15:00

1 jinjin ★ :2022/04/21(木) 12:00:00.63

木村拓哉『未来への10カウント』、2ケタ発進も「局関係者は青ざめている」ーーテレ朝「視聴率1ケタ台は許されない」と焦りの声


4月14日、テレビ朝日系「木曜ドラマ」枠で木村拓哉主演の連続ドラマ『未来への10カウント』がスタートした。

世帯平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、2ケタ発進を遂げたが、この結果に「局関係者は青ざめている」(スポーツ紙記者)という。


同作は、木村演じる元アマチュアボクサー・桐沢祥吾(木村)と高校生たちの関わりを描く“青春スポーツ・エンターテインメント”。
高校時代にボクシングで4冠を達成している桐沢は、大学2年の時にある理由でボクシングを断念し、その後はさまざまな不幸が続いて生きる気力を失ってしまった、というキャラクター。

第1話は、そんな桐沢が母校・松葉台高校ボクシング部の臨時コーチとなるも、本気で指導する気のない様子にしびれを切らした部長の伊庭海斗(King&Prince・高橋海人)から公開スパーリングを申し込まれるという内容だった。


「過去さまざまなドラマで主演経験を持つ木村は、同枠でも18年1月期に『BG~身辺警護人~』の主人公・島崎章役に起用され、初回15.7%、全話平均15.2%をマーク。20年6~7月にかけて放送された続編は、初回17.0%でスタートし、全話平均も15.6%と、前作を上回る好記録となりました。どれも15.0%は獲れてきたため、局は『未来への10カウント』の初回視聴率が11%台にとどまったことに動揺しているようです」(テレビ誌ライター)


なお、同枠では前クールに嵐・松本潤主演の『となりのチカラ』を放送していたが、こちらは初回11.5%を記録した後、第2話で10.7%、第3話以降はしばらく8%台が続き、第6話で自己最低の7.9%までダウン。
最終回も9.5%と、微妙な結果に終わってしまった。

「連ドラの多くは第2話以降で視聴率が下がり、終盤にかけて盛り返していく傾向があります。評判のいい作品は中盤で数字が回復し、放送回を重ねるごとにぐんぐん伸びていきますが、テレ朝としては『未来への10カウント』の視聴率推移を悠長に見守っていられない状況。というのも、木村はこれまで主演してきた連ドラで視聴率1ケタ台を一度も出したことがないため、今作で初めて10%を下回ってしまえば一大事だからです」(前出・記者)


しかし、テレ朝の「木曜ドラマ」枠といえば、これまで『ドクターX~外科医・大門未知子~』シリーズや『緊急取調室』シリーズなど、安定して高視聴率を獲得する作品も多かった。
だからこそ、木村の『BG~身辺警護人~』も成功していたのだろうが……。

「テレ朝の連ドラは、他局と比べて“世帯視聴率”を重視する傾向があったのですが、近年は、13~49歳の視聴データである“コア視聴率”にも目を向けているとか。もし*ると、それが脚本選びに影響して、今年の『木曜ドラマ』枠は微妙な数字が続いているのかもしれません。とはいえ、やはり“木村の主演ドラマで1ケタ台は許されない”という意識は強いようで、局内では『なんとか右肩上がりにしなければまずい』と焦る声が出ているとか。ただ、木村本人は視聴率をさほど気にしていない様子で、とにかく『より良い作品にしよう』という姿勢で撮影に臨んでいるそうです」(同)

第2話以降での“視聴率大幅アップ”に期待したいところだが、果たして……。


※木村拓哉主演ドラマの過去最低の視聴率は、2013年放送TBS連ドラ『安堂ロイド』の第9話で記録した10.3%


https://www.cyzowoman.com/2022/04/post_384773_1.html



前スレ
【芸能】木村拓哉、初の視聴率1ケタの危機 「局関係者は青ざめている」 キムタク主演ドラマ、過去に一度も10%を下回ったことはなし
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650464661/


【【芸能】木村拓哉、初の視聴率1ケタの危機 「局関係者は青ざめている」 キムタク主演ドラマ、過去に一度も10%を下回ったことはなし】の続きを読む

このページのトップヘ