恋愛・結婚


イケメンは、日本語で「魅力的な人、特に面貌が魅力的な人」の事を指す俗語である。 1990年代中頃からゲイ雑誌などの男性同性愛コミュニティでは、同性愛者に人気のある男性のことを「魅力的な」を意味する俗語「イケる」「イケてる」と「男性向けの」を意味する英語「メンズ」とを組み合わせて「イケメンズ」「イケてるメンズ」などと呼んでいた。
5キロバイト (601 語) - 2022年6月20日 (月) 20:01
★唯一無二
そもそも第一印象は外見だと思うのですが・・・
イケメンとおつきあいしていると友達に自慢できるじゃないですか。
お金を持っていてもブサイクだと、「お金はあるかもしれないけどあれはないわ~」と陰口を言われるし、イケメンだといくら言われてもひがみにしか聞こえない。
普通に生活できればイケメン寄りになるのは当然だと思う。

1 ぐれ ★ :2022/06/22(水) 12:54:07.16
※6/21(火) 13:12文春オンライン

「男性も女性も、相手に求める外見レベルがどんどん上がっている」

 そう語るのはAmebaブログがブレイクし公式トップブロガーにも認定されている仲人Tさん。神戸の結婚相談所「結婚物語。」でチーフアドバイザーを務めています。

 日本の婚活市場を調査しつづけてきた仲人Tさんは、「外見」の重要度が上がっていると指摘します。

 ミスコンを中止する大学なども増える世の中の流れがある一方で、婚活の場では外見が重視されるようになっているとしたらその理由はなぜなのでしょうか。

▼▼▼

年収や学歴から、女性も男性の外見を重視するように
「女性が、男性の見た目を以前より気にするようになった」

 これは、結婚相談所で働くスタッフの多くが感じている傾向ではないでしょうか。

 もともと、男性は外見や若さで女性を選ぶ傾向にありました。それは現在もあまり変わっていません。

 しかし、以前は見た目よりも年収や学歴で男性を選ぶ傾向にあった女性陣が、だんだんと「外見重視」に傾いてきたのです。

 これはなぜなのか、時代の流れとともに振り返ってみましょう。

 昭和では、男が稼ぎ、女が家事をするのが一般的でした。例えば昭和60年(1985年)ごろまではまだまだ専業主婦が一般的で、共働き世帯は少なかった。そんな時代では当然「稼ぐ男性」が選ばれてきました。

 婚活に限らず、男女がデートしたら男性が奢るのが当然で、女性は文字通り「食べさせてもらう立場」でした。

 それが平成になると様子が変わってきます。平成12年(西暦2000年)以降になると専業主婦は半分以下になり、働く女性がどんどん増加していきました。それにつれて、社会の構造も男性社会から男女平等の社会へと変わってきます。

「男勝りの女性」が「女を捨てて」「男性より頑張って」やっと出世を手に入れることができた昔と違い、自分を美しく保ちながらバリバリ働いている女性が圧倒的に増えてきたのです。

 そうなると、ある程度稼いでいる女性は「男性に養ってもらう」必要がなくなります。実際に年収400万未満の女性と年収400万以上の女性を比較したとき、年収400万以上の女性陣の方が婚姻率は低いのです。

次のページ100人中50番目の女性がトップ3の男性とマッチングしてしまう

続きは↓
https://bunshun.jp/articles/-/55079?page=1
※前スレ
【婚活】「食べさせてもらえる訳じゃないんだからイケメンがいい」 男性だけでなく女性も年収や学歴より「外見重視」 ★4 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655853877/

★1 2022/06/21(火) 20:37:52.86

【【婚活】「食べさせてもらえる訳じゃないんだからイケメンがいい」 男性だけでなく女性も年収や学歴より「外見重視」】の続きを読む


スケープゴート(英: scapegoat)は、「身代わり」「生贄(いけにえ)」などの意味合いを持つ聖書由来の用語。「贖罪(しょくざい)の山羊」等と訳される。 現在の意味はこのやや宗教的な意味合いから転じて、防衛機制のひとつとして不満や憎悪、責任を、直接的原因となるもの及び人に向けるのではなく、他の
8キロバイト (1,158 語) - 2022年3月11日 (金) 20:49
★唯一無二
恋愛したくない人いるかもしれないが、ホントは少ないんじゃない?
恋人がいない人は建前で面倒だからいらないと言ってるだけで、内心は恋人が欲しいと思うけど。
そりゃホントにいらないっていう人もいると思うけど。
恋人同士でラブラブしたくない人なんてそんないないと思う。

1 デビルゾア ★ :2022/06/17(金) 04:32:35.98
マスコミが「若者の○○離れ」と言いたがる理由

 20代男性のおよそ7割が配偶者や恋人がおらず、およそ4割にいたっては「デートの経験がない」――。内閣府のそんな調査データを受けて、マスコミが「若者の恋愛離れ」だと騒いでいる。

(中略)

「20代独身男性の4割がデート未経験」なんて話は昨日今日にはじまったことではなく、今のおじさんたちが“ナウなヤング”だった35年前から存在していた。つまり、時代に関係なく、「若い男性というのはもともとそういうもの」である可能性が高いのだ。

1980年代後半から「恋愛できない症候群」というネーミング
 1987年の厚生省人口問題研究所の「独身調査」によれば、20~24歳の男性で交際している恋人・婚約者がいると回答したのは26.8%しかない。25~29歳の男性でも25.6%だ。つまり、20代独身男性の7割が配偶者や恋人がいないという今回の内閣府データとあまり変わらない結果だ。

(中略)

 さて、そこで次に気になるのは、なぜマスコミは「若者の恋愛離れ」などという与太話をでっちあげてきたのかということだ。

 ひとつには、先ほど申し上げたように「若者の○○離れ」が数字の稼げるキラーコンテンだからということもあるが、もうひとつ大きいのは、マスコミの大切な情報源である「政府」に吹き込まれたということが大きい。

(中略)

実は世間的にはあまり知られていないが、少子化というのは、「日本の無策」を象徴する問題だ。50年以上も前からこうなることはわかっていたが、政治が何も有効な手を打つことなく放置してきたからだ。

 例えば、1967年4月27日の「ふえる老人 減る子供 人口問題をどうする 厚相、審議会に意見きく」という読売新聞の記事では、以下のような厚生省人口問題研究所の推計が掲載されている。

<総人口は約500万人ずつ増加しているが、これも昭和80年(1億2169万人)をピークとして減少に転じる。(中略)昭和90年には幼少17%、成人63%となり、老齢人口が20%を占めるという>
 実際のところ、昭和80年にあたる2005年の人口は1億2777万人で試算よりも増えたが、昭和90年にあたる2015年の15歳未満は12.6%、65歳以上は26.6%となり試算よりも深刻なことになった。このようにある程度のバラつきはあるが、実は日本は50年以上前から現在の「危機」をある程度、正確に予見していたのである。

 しかし、何もしてこなかった。

50年前に予測された通りのシナリオが進行

 国は、独身者への調査を繰り返すだけで、「恋愛離れだ!」「結婚に価値を見出していない」なんて「若者の意識」のせいにして、諸外国がやっているような対策をサボってきた。

(中略)

 こういう問題を政府が50年放置してきたことで、日本の少子化は拍車がかかってしまった。何もしなかったので、50年前に予測された通りのシナリオが進行しているのだ。もちろん、政府としてはそういう話になることは避けたい。結果が伴っていないのは動かし難い事実なのだが、国は少子化対策をずっと力を注いで一生懸命やってきた、としたい。

(中略)

「恋愛をしない独身の若者」は格好のスケープゴート

 国は少子化対策に力を入れてきたが、それ以上に足を引っ張っているのが、若い男性たちだ。彼らが恋愛に後ろ向きになってしまったことが最大の問題ということにしてしまえば、すべて解決だ。国は無策の責任を取らなくていいし、「若者の恋愛をサポートします」なんて上っ面の話をしていれば、賃上げや子ども対策という面倒な話に着手しなくて済む。

(中略)

 これから人口減少はさらに拍車がかかる。1年で鳥取県と同じ人口が消えていくので国内経済も加速度的に縮小していく。尻に火がついた時、「こんな状況になるまで放っておいたのは誰だ!」と犯人探しが始まる。

 その時、「恋愛をしない独身の若者」は何度でも格好のスケープゴートにされるだろう。

「日本が衰退したのは、ゲームやアニメばかりを楽しんでデートもしない自分勝手な男が増えたからだ!」「最近の若者は何事にも臆病でダメだ!我々が若い時は女性には当たって砕けろだった!」なんて感じで、おじさんたちも怒りをぶつけやすい。政治家も選挙で叫びやすい。若者はそもそも投票に来ないので、いくらディスっても痛くない。

「若者の恋愛離れ」というインチキ話は、そう遠くない未来に始まる「若者ヘイト」の序章なのかもしれない。

https://diamond.jp/articles/-/304857

【【恋愛】政府やマスコミが「若者の恋愛離れ」というインチキ話を報道し続けるワケ…“恋愛しない若者”は、少子化対策失敗の格好のスケープゴート】の続きを読む


久保 優太(くぼ ゆうた、1987年10月19日 - )は、日本の男性総合格闘家、YouTuber。 元キックボクサーでもある。東京都立川市出身。PURGE TOKYO/BRAVE所属。都立小平西高校卒業、亜細亜大学入学。 初代K-1 WORLD GPウェルター級王者。GLORYフェザー級SLAM
31キロバイト (2,507 語) - 2022年6月3日 (金) 06:30
★唯一無二
確かに母親にとって男が違っても自分の子には変わりない。
でも男にとっては重大な問題。今はDNA鑑定をしないと言ってるかもしれないが、生まれてからこっそり鑑定するのでは?

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/10(金) 18:35:56.18
6/10(金) 15:16
スポニチアネックス

久保優太の元妻・サラ、出産を決意 DNA検査求める声には「正直誰の子でも関係なくない?」

 元K―1ウェルター級王者の久保優太(34=PURGE TOKYO/BRAVE)と、元妻で歌手・サラが9日、公式YouTubeチャンネルでライブ放送を配信。第一子を出産する決意が固まったことを報告した。

 今年2月11日、YouTubeの動画で「関係をフラットにして、カップルとしてイチからやらせていただこうかなと」と、離婚を表明した2人。しかし、5月30日にYouTubeにアップした動画でサラが妊娠している可能性が高いと報告し、また後日に妊娠していると判明した。「産んでほしい」と願う久保に対して、サラは「現実を受け入れられてない」とし「やりたいことまだまだあるし。久保もやるべきことがまだまだあるし。そういった面でタイミングじゃないって思った」と自身の思いを吐露する場面もあった。

 その後も、お互いの意見を交わしてきたが、9日にサラは「不安だったんだけど。子どもがいるってわかったときには、嬉しい自分もいて。久保にも背中を押してもらいたかった」と、心境を吐露。そして「いろいろと心配なことはあったんだけど…この子を幸せにしたい」と、出産を決意したことを報告した。

 そこで「DNA鑑定して欲しい」と、子どもの父親をめぐるコメントが寄せられると、久保は「時期的には合ってると思っていて」と説明する。サラは「いろいろ、言ってくる人はいるんだけど。“サラの子どもだから、正直誰の子でも関係なくない?”って話ですよ。ずっと疑うんであれば別に疑ってもいいけど。何も言わせない」と語気を強めた。

 それ以降も、子どもに関する投稿があったため、サラは「温厚に“違う、この子は久保の子です!”なんて言うお利口ではないってこと。“別に誰の子でもよくない?”って話ですよ。しつこく“久保の子だって言ってるじゃん”ってやる気はないし。好きに妄想してください」と、話していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72b395b51dced17934da6b91c24899b16aa6279e

【【久保優太】母は強し! 元妻・サラ、出産を決意!】の続きを読む


 みなさんの交友関係の中には、卒業や引退、異動などという環境の変化と共に、疎遠になってしまった友人などいるかと思います。そんな中、あの時のクラスメイトが突然連絡してきた! となると、やはり驚き半分嬉しさ半分となるでしょう。今回は、8年間全く連絡を取っていなかった女性からまさかの連絡を受け取ったという男性のお話を紹介します

見覚えある女性からまさかの連絡が

 語ってくれたのは、人材派遣会社に勤める浅間巧さん(仮名・26歳)。ひとりで会社近くのオープンカフェにて昼食をとっていたある日、1通のLINEが届きました。

「ぱっとスマホを見てみたら、なんとそこには『好きです』とのLINEの通知があったんです。あまりにも突然の出来事にびっくりして、いったい誰からだろうと思ってアイコンをよーく見ると、うっすら見覚えがあって。かすかに残った記憶をたどった結果、連絡してくれたのは高校卒業後から一切連絡を取っていなかった女の子だったんです」

LINE
※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)
 なんとお相手は、高校卒業後8年間、全く連絡を取ることがなかった女性からでした。しかしその女性とは何の脈絡もなかったため、驚きを隠せなかった巧さんはすかさず「どうしたんですか?」との返信をしました。

返信はしたものの、半日たっても女の子からの連絡は来ませんでした。一体何だったんだろう……としばらくモヤモヤしていましたが、僕には付き合っている彼女がいたので、その旨をとりあえず伝えて、その女の子からの連絡について深く考えないことにしました」

失恋の傷を抱えて参加した同窓会

 そんな出来事から数か月後、当時付き合っていた彼女と訳あって別れることになり、しばらく傷心してしまった巧さん。それからさらに数か月が経ったところで、巧さんは高校の親友から同窓会の誘いを受けました。

LINE

「高校卒業以来に会う同級生が多かったので、失恋の傷も癒えるかもという期待を込めて、胸を躍らせながら参加しました。久しぶりの面々がそろう中、どこからかずっと視線を感じていて……見回して見つけた先に、なんとあの告白LINEをしてきた女の子がいました

 まさかの張本人と鉢合わせる巧さん。目が合うや否や赤面する女性に巧さんはゆっくり近づき、ずっと気になっていた告白LINEの真意を尋ねることにしました。

告白LINEの真相とは

 突然近寄ってきた巧さんに驚きつつ、緊張の面持ちを見せる女性は、終始俯き加減のまま、申し訳なさそうにあのLINEの真意について語りだしました。

 話によると、告白LINEを送った当時、実は風邪で寝込んでいたという女性。恋しさと寂しさの中、うつろな状態で誤送信してしまったというのです。不運にも、その後スマホバッテリーが切れてしまい、誤送信にも気づかないまま、朦朧な意識でふたたび就寝。

 翌朝になり、充電が完了したスマホを手に取り電源を入れると、巧さんから「どうしたんですか?」とのLINEの通知が届いていたのです。慌てふためきつつそのままLINEトーク画面を開いたとき、ようやく誤送信していたことに気づいたといいます。

「ちょっと早口になりながらも、告白LINEのいきさつを丁寧に説明してくれました。その子があれからずっと返事をしなかった理由も教えてくれて、どうやら僕が当時付き合っていた彼女の存在を伝えたことが原因で、さらなる失意がうまれて返信すらできなかったみたいです…(笑)

あのときの誤送信がきっかけとなり…

 口角を上げながらそう語る巧さん。女性からの必死の説明を受けてようやく状況を掴めた巧さんは、素直に謝る女性の姿を見て愛おしく思いはじめました。同窓会も終盤に差し迫り、2人の関係がだいぶ打ち解けてきたところで、巧さんは女性を食事に誘いました。

「今回の一件でその子とはきっとなにか不思議な縁があるんだと思って、同窓会で食事に誘ってみました。案の定かなり波長が合っていて、帰宅したあとも余韻が残るぐらいでした。その後も何度かLINEデートに誘ったりして、どんどん距離は縮まっていきましたね

LINE

 そうしてその1年後、ふたりはめでたく結婚することになったそうです。うっかり誤送信した告白LINEが、まさかふたりを引き合わせる大きなきっかけとなるとは思いもしなかった当時。今ではそのLINEに感謝がとまらないほど幸せな日々を過ごしているのだとか。

TEXT/ダイフク>

【ダイフク】

ライター。我流の筆跡鑑定にハマっているバツイチシングルマザーというカテゴリーに属しています!

※画像は取材を元に編集部とライターにて作成(以下同じ)


(出典 news.nicovideo.jp)

幼馴染(おさななじみ)は、幼い頃に親しくしていた(親友の証)友達を言う。 後述のような文化もあってか、現在では異性の(特に初恋の)相手を思い浮かべる人も多いようである。 本来は同性・異性を問わない、いわゆる「竹馬の友」を指す言葉である。 幼馴染の男女を扱った物語は昔から『伊勢物語』『大和物語』の「筒
4キロバイト (485 語) - 2022年3月30日 (水) 18:04



<このニュースへのネットの反応>

【【告白】8年も音信不通だった幼馴染から突然の告白「好きです」。実は誤送信だった】の続きを読む


花嫁・新婦・結婚式・ウエディングドレス

大事な日だというのに、浮かれて酒に酔った新郎。そのせいで式に遅刻し新婦の家族を怒らせてしまったことを、『The Daily Star』などの海外メディアが伝えた。


■新郎がまさかの遅刻

4月22日のこと、インド・マハーラーシュトラ州で暮らすカップル結婚式が盛大に執り行われることになった。開始予定時刻は、午後4時。新婦とその家族は時間に間に合うよう会場に行き準備を整えたが、肝心の新郎と新郎側のゲストはなかなか姿を現さなかった。

ようやく彼らが会場に到着したのは、午後8時だった。4時間も待たされるはめになったため、新婦側の家族、とりわけ父親はひどく腹を立てた。


関連記事:結婚式で新郎の弟がとんだ暴露スピーチ 「僕が新婦に初めて会ったのは…」

■ブチギレた新婦の父親

やっと会場に到着したものの、新郎と新郎側のゲストはなんと泥酔状態。しかも悪酔いしていたらしく、会場で待っていた人たちに絡むなどして困らせてしまった。

それを見てカンカンに腹を立てた新婦の父親は、「娘とは結婚させない」と宣言。しかし式の準備が完全に整っていたためそのまま帰るわけには行かず、あるショッキングアイデアを思いついた。


■驚きの展開に

父親は会場にいた親族たちに声をかけ、ひとりと話をつけて新婦と結婚してもらうことにした。

この件について父親は事実であると認めており、「(娘と結婚するはずだった男は酒に酔っ払いダンスに興じるなどしていたようです」「だから、娘には私の親戚と結婚させました」などと語っている。

結婚するはずだった男性、また親戚の妻になったと見られる女性のコメントは報じられていない。


■似たようなケースは過去にも

過去にはやはりインドで、驚くような結婚式を各メディアが伝えた。式の最中に新婦が胸の痛みを訴え、死亡。困った新郎が新婦の妹にプロポーズし、そのまま結婚してしまったというのだ。

ショッキングな展開として報じられたが、このようなケースは皆無ではない。「愛情があってこその結婚」という考えが日本では一般的だが、文化によりさまざまなケースがあるようだ。

・合わせて読みたい→結婚式中止と返金を式場に要求した妊婦 拒否にキレて花嫁衣装をズタズタに

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

結婚式に遅刻した新郎に激怒した新婦の父親 別人と結婚させる驚きの展開 


(出典 news.nicovideo.jp)

を受け、次に新婦がその杯を飲み干す。二の杯は新婦から新郎の順、三の杯は新郎から新婦の順で、どの杯も一口で飲み干す。新郎新婦が神前に進み出て誓いの言葉を読み上げる。新郎が本文を読み、名前の部分は新郎新婦がそれぞれ読む。 巫女が神楽舞を奉納する。新郎新婦が玉串を神前に捧げ「二拝二柏手一拝」の順で拝礼し
54キロバイト (7,861 語) - 2022年3月23日 (水) 02:10



<このニュースへのネットの反応>

【【結婚式】結婚式に遅刻した新郎に激怒した新婦の父親 別人と結婚させる驚きの展開 】の続きを読む

このページのトップヘ